葉酸の化学概要

葉酸は弱アルカリ性の場合、熱に対して安定しますが、強酸性にした場合、熱、光に分解する性質を有しています。葉酸の調理によってなくなることはありません。葉酸はオレンジor黄色の結晶性粉末で無臭です。

 

葉酸は有機溶媒(水、エタノールなど)にはほとんど溶けない性質を持ちます。ただし、塩酸、硫酸、炭酸ナトリウム、希水酸化ナトリウムには溶けます。葉酸の色が黄色のため、溶解した液体は黄色です。

 

食事から葉酸を取り込むと、肝臓、腎臓などの臓器にある分解酵素の働きで加水分解され、遊離型の葉酸になって活用されます。葉酸の75%はグルタミン酸ですので小腸で吸収されて血液中に存在することになります。サルファ剤、エストロゲンなどと共に熱をかけると葉酸の減少が著しくなることが分かっていますので留意してください。

 

天然型の葉酸は5,6,7,8-テトラヒドロ葉酸に一炭素単位を結合したもの、およびそれらのγ-グルタミン酸誘導体として存在しています。γ-グルタミン酸誘導体は、プテロイルグルタミン酸として存在しています。グルタミン酸残基のカルボキシル基にグルタミン酸が順次ペプチド結合したものです。

 

ビオプテリンという葉酸関連の化合物がありますが、この還元型はテコールアミン(芳香族アミノ酸からの神経伝達物質)、セロトニンなどの生合成初発反応に関して重要な調整因子としての機能を有しています。

 

葉酸の化学名はプテロイルグルタミン酸です。生体内の葉酸はアミノ酸核酸塩基が作られる際に必要となります。つまり、核酸、DND、RNAを作るのに重要な働きをしており、細胞分裂には必須となります。